nec 品質会計

nec 品質会計、現場で効果をあげる「ソフトウェア品質会計」の適用方法(初級) セミナーサイト

「ソフトウェア品質会計」とは、NECにおいて長年取り組まれているソフトウェア品質管理手法です。全体品質を担保するための基本的な考え方であり、現場・現実・現物を重視している点が大きな特徴です。ソフトウェア品質製造工程までに作り込んだバグを“負債”とし、レビューやテストにより、負債を返済(摘出)して、負債(残バグ)が0になった時点で出荷するという手法を用いています。セミナーの日程、開始・終了時刻、カリ。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。本書は、NECの品質管理のノウハウを公開した書です。NECはこれまで現場、現物、現品を重視し、高度な品質管理を実現してきた企業です。この企業に直積されたノウハウを公開するなどというのは信じられないことかもしれませんが、本書は、その信じられない手法を丁寧に解説しています。品質管理を強化しようと考えられている企業の担当者には必携の一冊かもしれ。

ソフトウェア品質会計とは、NEC 独自のソフトウェア品質管理手法です。その特徴は、① レビューでのバグ摘出重視 および ② 的確なテスト完了判断にあります。本チュートリアルでは、品質会計の技法のうち、上流工程でのレビュー結果に基づく品質分析と、テスト最終段階のバグ収束判定について、演習を交えながら、そのデータ分析方法を解説していきます。特に、開発途中のデータ収集を始めたけれどうまく活用できていな。

第1章 ソフトウェアの品質と品質会計第2章 品質会計のフレームワーク第3章 品質会計によるマネジメントの進め方第4章 品質会計のケーススタディ第5章 品質会計の効果をあげる組織的な仕組み第6章 品質会計の効果を引き出す方法誉田直美[ホンダナオミ]中央大学理工学部数学科を卒業後、日本電気株式会社へ入社し、サーバ・メインフレーム・ストレージなどの基本ソフト・ミドルソフトウェアの品質保証およびCS向上に。

domestic delivery FREE Shipping on orders over S$40.00 N.B. While every attempt has been ma。

具体的な事例を通して、ソフトウェアの品質を確保するための実践的な品質管理の方法を学習します。44,000円(税込)/40,000円(税抜) 遠隔ライブ 3/18、9/22 講師:SQA総合研究所 真野俊樹ソフトウェアの品質を確保するための ポイントは、定量的なデータ活用によ。

株式会社イデソン 代表取締役 公立はこだて未来大学客員教授 工学博士 大手電機メーカーで、30年以上にわたって、ソフトウェア開発の品質・生産性向上の専門家として、海外複数拠点を含む数多くの開発プロジェクトを推進。アジャイル開発や AI(人工知能)を搭載したシステム開発の品質保証、CMMIレベル5達成の推進リーダーを務めた経験がある。単なる知識にとどまらず、豊富な現場経験に基づく実践的な品質保証を。

富士通の小原氏は、アジャイル開発とは根本的なところで同じ考え方と言われるリーンソフト開発を適用している事例を紹介していた。リーン思考といえば「無駄をなくす」という原則が有名であるが、ソフトウェア開発の現場では「顧客の意向を尊重しすぎた」「要件の真意を理解できないまま開発をした」などの結果、「作り過ぎの無駄」が発生したというケースをよく耳にする。NTTデータの新井氏は、アジャイル開発を全面的に推進す。

現場で効果をあげる「ソフトウェア品質会計」の適用方法(初級) セミナーサイト

「ソフトウェア品質会計」とは、NECにおいて長年取り組まれているソフトウェア品質管理手法です。全体品質を担保するための基本的な考え方であり、現場・現実・現物を重視している点が大きな特徴です。ソフトウェア品質製造工程までに作り込んだバグを“負債”とし、レビューやテストにより、負債を返済(摘出)して、負債(残バグ)が0になった時点で出荷するという手法を用いています。セミナーの日程、開始・終了時刻、カリキュラム、会場は、都合により変更することがあります。また、諸般の事情によりセミナーの開催を中止することがありますので、あらかじめご了承ください。……

ソフトウェア品質会計 NECの高品質ソフトウェア開発を支える品質保証技術の通販/誉田

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。本書は、NECの品質管理のノウハウを公開した書です。NECはこれまで現場、現物、現品を重視し、高度な品質管理を実現してきた企業です。この企業に直積されたノウハウを公開するなどというのは信じられないことかもしれませんが、本書は、その信じられない手法を丁寧に解説しています。品質管理を強化しようと考えられている企業の担当者には必携の一冊かもしれません。・品質管理にかんするエッセンスが詰まっている。さすがと思わせるものが多く、やはり品質を作り込むというのはここまで徹底してやらないといけないと感じた。 ・「品質を追求しよう。生産性は後からついてくる」と言う点が非常に気に入っている。 ・上流工程(基本設計~詳細設計)における品質管理の手法が非常にためになった。今まで自分は「レビュー工数」「レビュー指摘数」程度しか管理ができていなかったが、……

ソフトウェア品質会計に学ぶ - 開発途中の品質データ分析に挑戦! - IT勉強会ならTECH

ソフトウェア品質会計とは、NEC 独自のソフトウェア品質管理手法です。その特徴は、① レビューでのバグ摘出重視 および ② 的確なテスト完了判断にあります。本チュートリアルでは、品質会計の技法のうち、上流工程でのレビュー結果に基づく品質分析と、テスト最終段階のバグ収束判定について、演習を交えながら、そのデータ分析方法を解説していきます。特に、開発途中のデータ収集を始めたけれどうまく活用できていない方や、的確に品質分析できず困っている方などにお勧めです。……

ソフトウェア品質会計 / 誉田

第1章 ソフトウェアの品質と品質会計第2章 品質会計のフレームワーク第3章 品質会計によるマネジメントの進め方第4章 品質会計のケーススタディ第5章 品質会計の効果をあげる組織的な仕組み第6章 品質会計の効果を引き出す方法誉田直美[ホンダナオミ]中央大学理工学部数学科を卒業後、日本電気株式会社へ入社し、サーバ・メインフレーム・ストレージなどの基本ソフト・ミドルソフトウェアの品質保証およびCS向上に従事。現在、日本電気株式会社ITソフトウェア事業本部統括マネージャー、上席ソフトウェアプロセス&品質プロフェッショナル(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。……

Books Kinokuniya: ソフトウェア品質会計-NECの高品質ソフトウェア開発を支える品質保証技術 / 誉田直美

domestic delivery FREE Shipping on orders over S$40.00 N.B. While every attempt has been made to ensure stock availability, occasionally we do run out of stock at our stores.See below for nearest stores with available stock.To confirm availability and pricing, please call the store directly……

実践ソフトウェア品質管理

具体的な事例を通して、ソフトウェアの品質を確保するための実践的な品質管理の方法を学習します。44,000円(税込)/40,000円(税抜) 遠隔ライブ 3/18、9/22 講師:SQA総合研究所 真野俊樹ソフトウェアの品質を確保するための ポイントは、定量的なデータ活用による上流工程からの一貫した品質の管理です。本コースでは、具体的な品質管理の方法(=品質会計)を事例を通じて解説しますので、業務の中ですぐに実践することが出来ます。・ソフトウェア開発の基本的知識をお持ちの方。・Excelの操作(グラフ作成)ができることが望ましい。・バグ予測(摘出目標)についてしっかり説明して頂いたのは良かった。・実績をふまえた品質管理、品質会計の話だったので、効果について納得できまし……

誉田直美 おすすめランキング

株式会社イデソン 代表取締役 公立はこだて未来大学客員教授 工学博士 大手電機メーカーで、30年以上にわたって、ソフトウェア開発の品質・生産性向上の専門家として、海外複数拠点を含む数多くの開発プロジェクトを推進。アジャイル開発や AI(人工知能)を搭載したシステム開発の品質保証、CMMIレベル5達成の推進リーダーを務めた経験がある。単なる知識にとどまらず、豊富な現場経験に基づく実践的な品質保証を得意とする。大手電機メーカー退職後、(株)イデソンを設立。日科技連SQiPソフトウェア品質委員会副委員長。  情報処理学会、品質管理学会、プロジェクトマネジメント学会所属。 「2020年 『品質重視のアジャイル開発』 で使われていた紹介文から引用しています。」……

大手ベンダーが語るアジャイル開発への取り組みは何を示唆するのか:Agile Japan 2013 レポート(14) –

富士通の小原氏は、アジャイル開発とは根本的なところで同じ考え方と言われるリーンソフト開発を適用している事例を紹介していた。リーン思考といえば「無駄をなくす」という原則が有名であるが、ソフトウェア開発の現場では「顧客の意向を尊重しすぎた」「要件の真意を理解できないまま開発をした」などの結果、「作り過ぎの無駄」が発生したというケースをよく耳にする。NTTデータの新井氏は、アジャイル開発を全面的に推進するのではなく、プロジェクトに合わせて開発手段を選択すべきであることを説明していた。コストや納期を重要視するならばアジャイル、スコープを重視するのであればウォーターフォールを選択する。……

平均ユーザー評価

4.5 / 5

カテゴリ